どのカードローンがいいの?カードローン比較のコツについて

どのカードローンがいいのか分からないという人にカードローン比較のコツについて分かりやすく紹介しています。

どのカードローンがいいの?

カードローンのサービスを提供している業者は、どうしてもサラ金やヤミ金というイメージが強いです。

お金に困っても、カードローン会社を利用しようとすぐに思う人は少ないと思います。

金利が高いうえに、悪徳業者がサービスを提供していると理解してしまうのです。

しかし、今では、メガバンクでもカードローンサービスを提供しています。

消費者金融の業者は、お金を貸して金利収入で業務を営んでいます。

ですから、債権の行使ができず、債務者が債務整理などを続々としてしまうような状態ですと、債権を放棄するような状態になり事業が傾いてしまいます。


メガバンクなどのように融資をするだけではなく、預金業務をしているような業態の場合には経営基盤がしっかりしています。

安心してカードローンサービスを利用することもできるのです。

過去は銀行にとって消費者金融業者は、いかがわしい存在だと思っていたふしがあります。

金利収入が高いので、カードローンのサービスも提供するようになったのです。

何せ、金利収入だけで18%の金利を得ることができるのですから、魅力あるサービスだと思うはずです。


銀行が直接カードローンのサービスを提供するわけではなく、間に銀行の子会社にあたるような業者に業務を委託している状態です。

消費者にとっては、より安い金利で融資をしてくれる業者が一番です。

銀行(銀行系)のカードローン会社は経営基盤がしっかりしていますので、安い金利で融資をしてくれる場合が多いです。

逆に消費者金融専門のカードローン会社は、金利が高い場合が多いです。

 

目的別ローンとカードローンの違いについて

借金にはあらゆる用途があります。

マイホームを持ちたいという人は住宅ローンを利用すると思いますし、お子さんの教育費がかさむようですと教育ローンを利用するでしょう。

また、車好きな人は、マイカーローンを利用すると思われます。

以上のように、特定の目的があり、借金をする場合を目的別ローンといいます。

目的が決まっているのですから、目的以外でお金を利用することはできません。

一度契約をしてしまえば、あとは返済するのみということになりますので、借金が増えるということはありません。

しかし、カードローンは、利用使途が決まっていません。
 
カードローンは用途自由

例えばギャンブルなどで借金をするような場合でも、特に審査があるわけではなく利用限度額までは自由に借金をすることができます。

両者の大きな違いは金利です。

目的別ローンの場合の年利は数パーセントですが、カードローンの場合は20パーセント程度の金利の負担をしなければなりません。

カードローンを利用する人は、都度少額の借入れをすることになるのですが、塵も積もれば山となるということを意識しなくてはなりません。

簡単にどんな用途でも借金ができるので、ついつい借金をしてしまい、気づいたときには、かなりの借金になっている場合も多いのです。

また、リボ払いという分割払いなので、毎月の返済額はそれほど苦痛ではないと勘違いしてしまいがちです。

そもそもカードローンを利用する人は、生活費を捻出するだけでも難しい場合が多いと思われます。

カードローンは本当にお金が必要な時に利用すべきものです。